まだまだ若過ぎる出会い

旦那と出会ったのは、12歳。若すぎる出会い。その時には結婚するとは、もちろん思ってもいませんでした。
中学1年生の私達はつき合っていました。
中学生になって「つきあう」って事をしてみたい年頃だったんでしょうね。つき合っているからと言っても、何をするわけでもなく「つきあっている」と、言う形だけ。
そのつき合うきっかけになったのは、私の方から声を掛けた…はず。
やはり「タイプ」と、思ったから。それまで男の子を好きになると言っても、真剣に考えるなんて事も無かったし、何がタイプかも分かっていなかったのですが、彼を見た瞬間「この人は、タイプなんだ」と、思いました。
どこがタイプかと言うと、顔。それまで好きになった男の子とは違うし、どの部分が?と、言われると疑問ですが、顔がタイプでした。
それからは、部活のバレーボールをしている姿も、かっこいい…かもと思ったり、勉強して、よくできる!と、分かった事も好きになっていった要因かも知れません。
遠い昔話。
あの頃の面影は、かなり無くなっている旦那。
でも、何年もつき合って、ケンカもしながらも結婚までいたり、子供も三人恵まれて、幸せな生活を送っていると言う事は、私の第一印象は間違っていなかったと言う事だと、自負しています。





高飛車な女は敬遠されがち
飼っている犬の高齢化に向き合う一日 
暑い夏こそ体の冷えに注意!
小学生の男の子達の遊び
梅雨のストレス発散法について
まだまだ若過ぎる出会い
最愛の夫に出会えた私は幸せ者です。
私が夏だ!と感じるもの
真夜中のオタクちゃん
窓のお掃除してみよう。
大好きな犬と一緒に成長する
誰に対してもとりあえずお辞儀
単純作業でも飽きません
動物園の一角でムツゴロウタイム
生命保険会社について
友達の耳がやわらかすぎる
喫煙者は応募のできない新卒求人
久しぶりのコンタクトレンズ
急な腹痛にいやな汗がじっとり
虚弱体質になてしまた!
健康の基本は生活習慣と毎日の食事から

- mono space -